会いに行けるジャズシンガー あづみさん

Pocket

あづみさん、というジャズシンガーがいます。

 

2ヶ月に1回、梅田の小さなジャズバーで彼女のライブが行われます。

 

ライブステージは、グランドピアノがスペースの3分の1を占めてしまうほどのサイズ。そのため、彼女のライブでは楽器が2つだけ。ピアノとギターだったり、ピアノとベースだったり。

 

ステージといっても、客席から1段高くなっているわけでもありません。

 

バーの奥まったスペースにグランドピアノが設置されており、そのすぐ隣にスタンドマイクがあるので、誰が見たってそこが客席とステージの境界だな、とわかるだけのことです。

 

そして、スタンドマイクの隣に畳半畳ほどのスペース。ここはギタリストやベーシストのためのスペースです。

 

ジャズシンガーとたった2つの楽器で創作されるジャズライブ。

 

台風上陸を翌日に控えたある日、そんなあづみさんのライブを聴くために、私はジャズバーを訪れました。

 

雲はどんより、風もやや強く吹いており、これから起こるであろう大嵐を予感させますが、そんな中でもジャズバーはあづみさんの歌声を聴こうと多くのファンでいっぱいでした。

 

バーに入った私はカウンター席へ。バーといえばカウンター席、という私の勝手なイメージを先行させただけのことですが、どうもカウンター席が落ち着くのです。

 

ハイボールを注文し、カラカラと心地よい氷の音を楽しみながらハイボールを味わっていると、すぐ横にあづみさんが話しかけに来てくれました。

 

「今日は来てくれてありがとう」

 

バーの客の多くはあづみさんのファン、そんな中で、たった一瞬でもあづみさんを独占できるのは至高の喜びです。

 

実は、私とあづみさんには「自身の本の出版」という共通の夢があるのです。

 

あづみさんは一足先にその夢に手をかけており、今は編集者の指示のもと目下原稿を修正中。

 

そんな互いの夢の話をしていると2時間くらいかかりそうでしたが、あづみさんは今日のライブの主役です。

 

夢の話もほどほどに、ゆっくりとステージへの去って行くあづみさん。

 

ステージといってもピアノとスタンドマイクが設置されているスペースへと移動するだけのことですが、あづみさんがそのスタンドマイクの前にたった瞬間、そこは紛れもないジャズライブのステージへと変貌したのです。

 

あづみさんのジャズシンガーとしてのオーラがそうさせるのかもしれません。

 

実際、ステージで歌声を披露するあづみさんは、先ほどまで互いの夢の話をしていた人とはまるで別人です。

 

ステージ上のあづみさんは圧倒的な存在感と極上の歌声でファンを魅了。そこにピアノとベースが重なると、まるでジグソーパズルのピースがピッタリとハマるように、最高のジャズライブの完成です。

 

「この時間がいつまでも続けばいいのに」

 

そんな想いもつかの間、私のスマホに無情の仕事の電話が入ってきました。

 

私は途中で帰らざるを得なくなりましたが、最高の時間を過ごすことが出来たのです。

 

その日は台風上陸の前日、急いで帰って台風への備えをしなくちゃ、と我に帰った私でした。

 

帰る前にあづみさんと2ショットを撮ることに成功しました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です