忙しいコピーライターの日々

Pocket

日々のつぶやきを綴っているこの投稿。

 

自分の好きなことが書けるし、好き勝手な文体で書けるし、楽しくて毎日の習慣になっていました。

 

本来ならば、1日1回と言わず2回でも3回でも投稿したいところです。しかし、ここ最近の私の仕事量からすると、とてもそんなには書けません。

 

それどころか、1日1回の投稿もちょっと厳しくなってきました。とにかく毎日毎日ひたすらコピーを書きまくる日々。もちろんそれ自体は楽しいのですが、やはり時間はどうしてもかかってしまいます。

 

文章作成ってものを作り出す感覚に似ていると思います。

 

人から依頼を受けてものを作る時、例えば絵画だったり彫刻だったりオーダーメイドのスーツだったり靴だったり・・・

 

スピードが求められることだって当然あり得ます。顧客からすれば早く手に入れたいわけですから。

 

でも、作る側はかなりのプレッシャーと戦うことになってしまうのです。

 

然るべき時間をかけて、じっくりと作り上げて顧客に提供する。もちろん、ダラダラと時間をかけてしまうのは良くありませんが、本来はそれがベストです。

 

しかし、それができる状況は結構限られてしまうのです。

 

絵画や彫刻のような芸術作品ならばいざ知らず、コピーはビジネスに直結する作品。

 

「いい文章を書くから時間ちょうだい」

 

なんてことが通用しない状況がとても多いわけです。そして時間がかなったからあまり良いコピーは出来なかった・・・などという言い訳は通用しません。

 

そんな言い訳をするライターに仕事は来ません。

 

例え時間が無くとも、限られた時間の中でしっかりとコピーを書き上げる。それがプロってもんです。

 

そして私は一応プロとしてライターをやっている身。言い訳が一切通用しないビジネスの現場で今日も必死にコピーを作成します。

 

毎日の投稿は残念ながら後回しになります。もし、投稿がない日があれば、その日は猛烈に忙しい日だと思っていてください。

 

ではまた

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です