初心者必見!登山のための基礎トレーニング方法

Pocket

この記事を書いた人
こんにちは!登山家の松浦です。

「さあ!もう働かなくていいし、好きなことやるぞっ!!」

と、私からすればめちゃくちゃ羨ましい立場のあなた。定年退職を迎えるまでの数十年間のお仕事生活、本当にお疲れ様でした!これからは自分のために時間を使っていただきたいと思います!

もしあなたが、昔からの趣味があってそれに時間を費やせるならば何の問題もありません。

ただ、定年退職を迎えるまで、仕事一筋で頑張ってこられて、それが無くなると何をすればいいかわからないという方もいらっしゃると思います。

そんなあなたに、私からおすすめしたい趣味があります。

誰にでもできて、多くの仲間を作ることができ、しかも健康にも良い!さらに言うならば、家でゴロゴロして奥様に文句を言われることもない!

そんな趣味をぜひ紹介させてください。

 

定年退職者のための初心者向け登山トレーニング

新年度を迎え早1ヶ月。

新入生、新入社員の方々は、もう新天地に慣れた頃でしょうか?それとも5月病に悩まされているのでしょうか?

その一方で、長年の会社勤めを終え、定年退職をされた方々もいらっしゃいます。

新たな生きがいを見つけ、そこに邁進される方もいれば、毎日をのんびり過ごされている方もいます。

今の生活に満足されているならばなんら問題はありません。

しかし、やりたいことがあるのに様々な事情のため、それができずに悩んでいる方もいるのです。

実は登山もそのやりたいことの中の1つです。

あなた
定年退職を期に登山を始めたいが、年齢的なこともあり自分の体力で登山ができるかわからない
あなた
登山をするためにトレーニングで身体を作りたいが、何をすれば良いかわからない。自分の年齢に合ったトレーニング方法を知りたい。

そんなあなたのために登山の初心者に合ったトレーニングをここでシェアします。

登山初心者向けトレーニングは自宅リビングからスタート

あなた
さあ、トレーニングを始めるゾッ!

と息込んだあなた。いきなり外に飛び出す必要はありません。

長年、仕事に多くの時間を費やしてこられたあなた。まずはじっくりと身体をほぐしてやる必要があります。これでもか!というほど時間をかけて準備運動をしましょう。

あなたの家のリビングで、大の字になって寝転べる場所を確保してください。

もちろん、テレビを見ながらでOKです。

そこで、首、肩、腕、腰、脚などを十分にほぐすストレッチを行ってください。
こちらを参考にしてもいいと思います。

ストレッチの効果的なやり方。体を柔らかくできる29種類の柔軟体操とは

最初ですから、ストレッチにかける時間は長ければ長いほど効果は抜群です。

あなたが運動不足を自覚しているのならば、ストレッチに丸一日かけてもいいくらいです。

現段階で体が硬くても気にする必要はありません。ゆっくりゆっくり時間をかけて、身体をほぐしていってください。

登山初心者向けトレーニング 持久力アップ

ストレッチで十分に身体をほぐしたあなた。準備運動は終わりました。いよいよ登山をするための体づくりです。

まずは持久力をつけましょう。以下の中からあなたに合ったトレーニングメニューを選択してください。

  1. ウォーキング+ジョギング(1〜2kmをゆっくりと)
  2. プールの中での歩行(30分〜60分)
  3. ひと駅区間をウォーキング、もしくは長めの階段をのぼる

いずれも週1回を目安にしてください。張り切って無理をしてしまうと途中でやめてしまいます。
継続することに意味があるこれが大事です!

ただ、これでは物足りない!という人は、もう少しトレーニング量を増やしてみましょう。

先ほどと同様、以下の中からあなたに合ったトレーニングメニューを選択してください。

  1. ジョギング 約20分間
  2. 水泳 30分〜60分(ゆっくりと)
  3. エアロビクス 30分〜60分

これも先ほどと同様ですが、週1回を目安としてください。

登山初心者向けトレーニング 低山登山

登山のためのトレーニング方法はいくらでもあります。ウォーキング、ジョギング、階段、自転車、スクワット・・・

しかし、登山のために最も適したトレーニングは、やはり登山なのです。当たり前といえば当たり前ですが、あなたは疑問に思うかもしれません。

あなた
登山をするためのトレーニングなのに登山をするの?

そうです。登山のトレーニングのために登山をしてしまってもいいんです。

ただし、その段階で登るのならば注意が必要です。

日本には、毎年事故が発生するような難易度の高い山から小学生が遠足で登るような難易度の低い山まで様々な山が存在します。
こちらを参考にしてみてください。

初心者向け日帰り登山スポット 近畿圏
登山初心者向け日帰りスポット 関東編その1

あなたが登山のトレーニングのために登る山は、後者の難易度の低い山です。

低山をあなたの登山用トレーニングジムとしてしまいましょう!

日本列島に数百座存在する山。あなたの自宅近所にも山はあるはずです。

1時間〜2時間を目安に登山をしてみましょう。

これは1ヶ月に1〜2回が適当です。

ただし、くれぐれも無理はしないようにお願いします。

低山登山とはいえ、実際に登ることで登山でよく使う太もも、腹筋、背筋の筋肉を鍛えることができ、効果は抜群です。

また、登山道を歩くことにより自然とバランス感覚を身につけることができます。

小学生でも登れるような低山登山から始めて徐々に山の難易度を上げていく、ということもできますよね!

もし、あなたの自宅近くに、毎年遭難者ができるような難易度の高い山しかないのならば、山の中腹までの登山としてください。

意外と多くの人が「登山は登頂してこそ!」と考えがちですが、はっきりいって間違いです。

登山は、面白く、楽しく、快適に登ることこそが最重要事項です。

登頂などはそのおまけにすぎません!

あなたが登山に慣れた頃に、あなたのタイミングで登頂を目指せばそれでいいのです。

無理して登頂を目指して怪我をしてしまっては元も子もありませんから。

最後に・・・

「今までろくに運動をしてこなかった自分が登山などできない」と思い込んでいる方はびっくりするほど多くいらっしゃいます。

そんな方々からお話を聞くたびに本当に思うのです。

勿体無い・・・と。

なぜなら、身も心も健康になり、趣味を通じた新たな仲間ができて、一生続けることができる生きがいを見つけて、本当に充実した人生を送ることを自ら放棄してしまっているように思えるからです。

もし、あなたがこの記事を読んで「そこまでいうならちょっとやってみようかな」と思っていただけるならば

その瞬間が、あなたの第二の人生の出発点です。

是非とも笑顔に満ち溢れた第二の人生を送ってくださいね!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

大人気記事!!

  1. 初心者向け日帰り登山スポット 近畿圏
  2. 登山初心者向け日帰りスポット 関東編その1
  3. 登山用ヘルメット装着をおすすめ
  4. 歩くだけで30歳若返り!三浦雄一郎式トレーニングとは?
  5. 登山初心者の迷い・戸惑いを完全解決!
  6. 登山初心者を魅了!富士山登山の4ルート
  7. 登山のトレーニングについて 自転車編
  8. ウルトラライト登山で道具を知り尽くす
  9. ウルトラライト登山で道具を自由に自作
  10. ウルトラライト登山をあなたに指南
  11. 山のリアルをすべて表現!「岳」

クライミング・ボルダリングの記事

  1. 私のクライミングデビュー体験記 その1
  2. 私のクライミングデビュー体験記 その2
  3. あなたに冒険心があるならば!アイスクライミング
  4. クライミングシューズの選び方!共に岩壁を登る相棒はこう選べ!
  5. ボルダリングの重要アイテム!初心者におすすめの炭酸マグネシウムチョークとは?
  6. ユニクロで揃う完璧なボルダリングの服装
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です