山に”似合う”車とは?雰囲気重視の車選び

Pocket

この記事を書いた人
こんにちは!管理人の松浦です。

今日は「山に似合う車とは?」ということで記事を書きたいと思います。

荷物がたくさん詰めて、小回りがきいて、悪路に強い・・・など、山で便利な車は日本にも多くありますが、山の雰囲気に合う、つまり山で乗りたくなる、山に連れて行きたくなる車とはどんな車か?
そんな私の個人的な趣味にお付き合いください 笑

もしかしたら、あなたの車選びのヒントになるかもしれませんよ!?

山の雰囲気と車選び

あなたは
山の雰囲気に合う車は何だと思いますか?

A さん
山といえばやはり悪路に強いRVが一番いいと思うが?
Bさん
荷物をいっぱい積むんだからワゴン車がいいよ!
Cさん夫婦
私たちは荷物を積むし、人も乗せるからステーションワゴンがいいね!
A さん
私は山の中で寝れるようにキャンピングカーが一番だと思うわ!

なるほど!車に対する考え方って、本当に人それぞれで面白いですね。世の中には多種多様の車が数多く存在し、あなたのライフスタイルにあった車が選びたい放題です。

特に日本車は故障もほとんどなく、燃費も良く、小回りがきいて、機能的で、海外でも大人気です。

で、先ほどの皆さんの意見を検証してみましょう。

まずはRV車です。


確かにRVならば大概の悪路は簡単に走れてしまうのでとても心強いですよね!実際に山の駐車場には多くのRV車を見ることができます。

次にワゴン車です。


ワゴン車ならば、確かに荷物をたくさん積めるし、登山道具を全て車に積んでどこへでも行けます。単独行を好む登山愛好家の多くは、このワゴン車を選びます。スタイルよりも実用性!ワゴン車は、土木工事や電気工事、営業車でもよく使われるくらいたくさんの荷物を積むことができるので、登山道具の全てをワゴン車に積み込み、車で移動しながら日本全国の山を登ってまわることもできます。

ステーションワゴンタイプはどうでしょうか。


ワゴン車ほどではないにしろ、ステーションワゴンタイプでも荷物をたくさん積めるし普段の生活でも大活躍の車ですよね!特にステーションワゴンタイプは後部座席に人を乗せやすいので、2名〜5名くらいの人数で移動する場合は便利です。

最後にキャンピングカーです。


アウトドアで活躍する車と言って、真っ先に思いつく車がこのキャンピングカーではないでしょうか?車をまるで自宅のように使うことができるキャンピングカーは少々お高いのですが、アウトドアで楽しむなら、キャンピングカーに勝るものはないと言ってもいいでしょう!

実際に、多くの登山家はこの4つの車のどれかを自家用車としています。

私自身、1度登山のためにワゴン車をレンタルし麓で車中泊したことがありますが、なるほど快適でした。

ですから、登山に「便利な」車といえば何か?と問われれば、私はワゴン車と答えるかもしれません。

山の雰囲気に合う車とは

ただ・・今回の記事のテーマは「山の雰囲気に合う車は何か」です。

私の感覚では「便利な」と「雰囲気に合う」はちょっと違うのです。

例えば、あなたが山に登る時、様々な登山道具をザックに入れますよね?

もちろん、登山歴の浅いあなたの持つ登山道具は買ったばかりでピカピカに輝いていることでしょう。

しかし・・・です。

ベテラン登山家の持つ登山道具には購入したての初々しさは当然ありませんが、使い込んで初めて出る独特の風合いが見られます。手入れがいい加減だったら少々錆び付いているかもしれませんが・・・

使い込んだ道具は自分の手に馴染み、自分にとって唯一無二の相棒へと進化します。

ベテラン登山家
私は山には必ずこれを持っていくの!これじゃなくちゃダメなの!!

そんな道具を持つことができれば、登山家としてすごく幸せなことだと思うのです。

で、山の雰囲気に合う車とは、そんな使い込んだ登山道具のような存在になり得る車ではないかと思うのです。

「私ははこの車でないとダメなんだ!」

道具と同様に、そんな車を持つことができれば本当に幸せだと思います。

山の雰囲気に合うのはミニクーパー

では、私にとっての「山の雰囲気に合う車」とは何か?

それは「ミニクーパー」です。この車です!

車好きでなくとも、この車を知っているという人は多いのではないでしょうか?

イギリス生まれの小型車で、今はもう生産はしていませんが、未だに世界中に根強いファンがいる大人気車です。

私自身もこの車の大ファンで、かつて所有していたこともありました。

この車の屋根に専用の荷台を設置し、そこに登山道具を乗せて関東各地の山へ登りに行ったのです。

私にとってはまさに相棒でした。

残念ながら、当時東京への転勤が決まり、維持管理ができなくなってしまったため泣く泣く手放しましたが、再び手に入れる日を夢見てます。

いつかこの車を再び手に入れて、登山道具一式を詰め込んで山へ旅したい!

これが私の夢です!

しかし、なぜこの車が山の雰囲気に合うのか?

RVのように悪路に強そうでもなく、多くの荷物を詰めそうにもない。まして、キャンピングカーのように車中で寝るなどできそうにない・・・

どう見たって街乗り専用の車なのですが、実はこの車、数十年前にモンテカルロ・ラリーで優勝したラリー車なのです!!つまり、極めて悪路に強い車なのです!

そして荷物ですが、実はこの車、開発当初は小さいボディーにいかにして人の居住空間を設けるか
について考え抜かれた設計になっているのです!

もちろん今でこそ車の開発が進み、より優秀な車が何台も発表されていますが、当時としては画期的な車だったのです。実際、乗ってみると見た目の割には後部座席はゆったりしています。つまり、荷物を積むにも適した車なのです。

さすがにキャンピングカーのような機能はありませんが、それでもまるで長年使い込んで手に馴染んだ道具のようなこの車のすぐ脇でテントを張れば、安心してぐっすりと眠れることでしょう・・

そう!使い込んだ道具のような佇まい!これこそが「ミニクーパーは山の雰囲気に合う車である」
と称した所以でもあるのです!

最後に

あなたにとって車とはどんな存在ですか?

この質問に対する回答もまた人それぞれです。車好きの人にとっては、それこそ「人生そのものだ」とか「生涯の伴侶だ」という大げさな回答をする人もいれば、「車なんてただの移動手段ですよ」という割り切った回答の人もいます。

実は、もうお分かりかもしれませんが、私は結構な車好きです。特にミニクーパーの大ファンで、手に入れた時は本当に幸せでした!

大好きなミニクーパーに荷物を載せて、大好きな登山をしにいく!こんな幸せなことがあっていいのか!と戸惑うほど、最高に幸せでした。

この頃の私に「あなたにとって車とは?」と質問したら「生涯の伴侶ですよ〜」なんて答えたかもしれません 笑

もちろん、登山が第一だ!という多くの登山家にとっては、車などただの便利な移動手段にすぎないかもしれません。

しかし、車ほどあなたや私の登山生活を強力にサポートしてくれる存在は他にありません。

「自分にとっての山の雰囲気に合う車ってなんだろう?」試しに一度考えてみてください。

もちろんそのために車を買い替える必要はないと思いますが、次の車選びの参考になるかもしれませんよ!

山の雰囲気に合う日本車についての記事

山に似合う車 雰囲気重視の車選び 日本車編

この記事を読んだ人はこれらの記事も読んでいます

  1. 登山初心者向け日帰りスポット 関東編その1
  2. 初心者向け日帰り登山スポット 近畿圏
  3. 登山用ヘルメット装着をおすすめ
  4. 歩くだけで30歳若返り!三浦雄一郎式トレーニングとは?
  5. 登山初心者の迷い・戸惑いを完全解決!
  6. 登山初心者を魅了!富士山登山の4ルート
  7. 登山のトレーニングについて 自転車編
  8. ウルトラライト登山でザックの中身を最適化
  9. ウルトラライト登山で道具を知り尽くす
  10. ウルトラライト登山で道具を自由に自作
  11. ウルトラライト登山をあなたに指南

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です