観天望気で天候を操る!高気圧・低気圧編

Pocket

観天望気について

あまり聞きなれない言葉だと思います。

観天望気(かんてんぼうき)とは
雲の種類、形、量に加えて気温変化や風向きなどで
局地的な天気を事前に予測することを言います。

普段、あなたは天気の状態を予測するとき、どういった行動をとりますか?
おそらくはスマホで天気予報を見るのではないでしょうか?

以前の記事でも言いましたが
山自体の地形が大気の状態を不安定にし
通常の、つまり平地での天気予報が通用しません。

従って、山では
あなた自身が自ら天候を予測する必要があるのです。

もしあなたがこれを身につけることができれば
事前に天候の崩れを予測することができるのです。

しかも、天候だけでなく
その雨量、風を伴う雨、雷の発生の予測も可能となり
天候による登山中の危険を何度も回避することができます。

登山初心者からすると
あなたがまるで”天候を自在に操っている”ように見えるはずです 笑

ただ・・・です。

身に付けるには、かなりの経験が必要になってきます。

本来ならば
何度も山に登って、雲を観察し
読み間違えて雨に降られるなどして
数年がかりで徐々に身につく技術です。

私自身まだまだ
完全に身に付けた技術というわけではなく
もっともっと経験が必要です。

しかし、それでも以前と比べると
格段に正確に山の天候を予測できるようになりました!

もちろん、それで雨を回避できたことは
1度や2度ではありません。
何度も危機を回避し
雨でも快適登山を楽しむことができるようにもなったのです!

そんな唯一無二の山の天候予測技術である観天望気
ほんの基本ですが
ここであなたにシェアしたいと思います!

より詳しい内容は
コンテンツとしてあなたにシェアしようと思いますので
もうしばらくお待ちください。

まず、なぜ山は天気が変わりやすいのか?
ということを順を追ってあなたにシェアしますね。

観天望気のテク「高気圧」

天気予報でよく解説される
高気圧という言葉があります。

「明日は高気圧に覆われて晴れるところが多いでしょう」

天気予報でもおなじみのセリフですよね?

つまり高気圧とは、その名の通り
周りと比べて空気圧が高い状態のことを言い

そのため高気圧状態のところから外へ向かって
風が吹き出します。

気圧が高いため、外からの空気が流れ込むことがなく
中は安定した状態となっているというわけなのです。

高気圧に覆われた時の登山は本当に心地よい!
私はこんな日の登山が大好きです!
誰でもそうだと思いますが 笑

観天望気のテク「低気圧」

では低気圧とは何か?

「低気圧が発達しながら通過するため雨となるでしょう」

これまたよく聞くセリフですよね。

なぜ低気圧が発達すると雨になるのか?
まず、低気圧とは
周りと比べて気圧が低い状態のことを言います。

圧力が低いということは空気が軽くなるため
そこから上昇気流が発生することになります。

上昇気流に乗って上昇した空気中の水分、つまり水蒸気は
上昇することによって冷やされ凝結し、水へと変わります。
それが雨雲に変化し、雨を降らせる!というわけなのです。

よく「山の天気が変わりやすい」と言いますが
山周辺の地域が高気圧に覆われていれば
まず雨の心配はないでしょう。

高い気圧が低気圧を寄せ付けないので
当然ですよね?

注意すべきは
そこまで気圧が高くない状態の時です。

たとえ
青空が見えているくらいの晴れの日だったとしても
近くに湿った空気が存在するならば
山での天候の崩れる可能性があると考えるべきでしょう。

実は、山はその地形
つまり八の字の形をしているところから
山自体が低気圧とも言われているのです。

次回、その理由と、あと雲の種類についてシェアします。

他の人気記事はこちら

山の天気の記事

大人気記事!

カメラの記事

上高地の記事

他のレイヤー記事


 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です