美しい山は美しいマナーから

Pocket

この記事を書いた人
こんにちは!コピーライター兼登山家の松浦です。

登山するときはいつも本当に穏やかな心になります。まるで自分の乱れた心と身体を強力にデトックスされるような・・そんな気持ちになります。

ただ・・・そんな心穏やかに登山している私でも、ある瞬間どうしてもイラっとしてしまうことがあるのです。

それは・・・ビニールや空き缶などの人工物のゴミが放置されているところを見てしまったときです。

故意に捨てたのか、それともうっかり落としてしまったのかわかりませんが、私にとって山は神聖な場所です。放置された人工物など一切見たくありません!!

そんなわけで、今回は山でのマナーについて記事を書こうと思います。1人でも多くの人がこの記事を読んで、山を美しく保つ意識を持っていただければ・・・心からそう思います。

ではどうぞ!

美しい山は美しいマナーから!

あなたが登山を愛する理由は何ですか?

いきなり何だ?と思われるかもしれませんが、ちょっと考えてみてください。

あなた
いや、別に愛してなんかないよ。ちょっと興味があるだけ。

 そんなあなたも、なぜちょっと興味があるのか考えてみてください。

  • 山の中を歩くのはしんどそうだけど、すごく気持ち良さそう
  • 遠くから山を眺めると本当に美しいから
  • 山の頂上に立った時の達成感がすごそうだから
  • 人ごみの中で生活しているので、たまには自然豊かな静かな場所に行きたい
  • マイナスイオンを浴びて癒されたい
  • とにかく何か興味ある・・・

あなたが登山を愛する理由、ちょっと興味がある理由は様々あると思いますが、この中にその理由に近いものは必ずあるはずです。(なかったらゴメンナサイ・・)

そして、これらの理由から共通して言えることが1つ。

私を含め、登山家は誰もが、自然豊かな美しくそびえる山を愛しているということなのです。

そしてそんな美しい山が美しいままでいるのは、山を愛する人が、山をゴミなどで汚してはいけないということを知り、それを守っているからなのです。

ゴミだけではありません。

山を愛する多くは、互いを思いやる心を持ち、誰もが気持ちよく登山ができるように心がけているのです。それもまた山を美しくしている要因に違いありません。

つまり・・そうです!!マナーです!!

山が多くの人を魅了しているその大きな要因は、マナーが比較的きっちり守られているためだと私は思っています。

山ガールなんて言葉が流行るくらい、今や多くの人が山を登ります。

もし、山を登る多くの人がゴミをそこら中にポイポイ捨ててたとしたら・・そんな人たちへの対策と称して、山のそこら中にデカいゴミ箱が設置されていたとしたら・・・茂みの中に古臭い昔のテレビが捨てていたとしたら・・(考えるだけでもゾッとしますが・・)

一体誰がそんな山の頂上を目指して登ろうと思いますか?

これが山を守る最低限のマナー!

もしあなたが、登山に少しでも興味があって、機会があれば登ってみたいと思うのであればこのルールを必ず守ってください。

一般社会で生活をしているあなたならば「こんなの当たり前だろ!!」と怒ってしまうくらい常識的なこともあります。

しかし、中には登山独自のルールもあるのでしっかりと読んで守って欲しいと思います。

ゴミは必ず持ち帰る!!

山が美しいのは全て自然のものそして生物で構成されているからです。

あなたが山に持ち込んだもの、それは一片足りとも山に置いたままにしないでください。そしてそんなものを見つけた時は是非とも持ち帰ってください。あなたが出したゴミでなくともです!

山で心を満たしたあなた。山への恩返しを忘れずに・・・

こちらもご覧ください

山はたばこの煙を拒否するか?

登山ルートを守る!!

日本の山の多くは、概ね登山ルートが設定されています。登山ルートを外れてしまうと遭難や崖からの滑落の危険があります。

またルート外には自然の植生が存在し、それを痛めることにもなってしまうのです。

道無き道を開拓したくなるあなたの冒険心、好奇心はわかりますが美しい山を守るためのルールは守りましょう!!

トイレはきれいに使う!!

登山客の多い山には公衆トイレが設置されていることがあります。

当然、それを清掃する方がいるおかげで、あなたはその公衆トイレを気持ちよく使用できるのです。できるだけ綺麗に使うことは、もはやあなたの義務です。

トイレを清掃してくれる方を思いやる心。これもまた美しい山を守ることにつながります。

こちらもご覧ください

エベレスト登山でのトイレ事情から学ぶ正しい山トイレ

登山届の提出する!!

これは登山ならではのルールです。

あなた
そんなの書いたことないよ!どうやって書くんだ?
あなた
山に登るだけでなんで書類を提出しなきゃいけないんだ!?

うーん・・その気持ちはよくわかります。

よし!登山するぞ!とワクワクしているところに、書類を作成しなさい!なんて言われるとそう言いたくなりますよね?

実はこの登山届、万が一あなたが山で遭難した時、足を挫いて動けなくなってしまった時、警察があなたの居場所を特定するために極めて重要な書類となるのです。

メンドクセーというあなたの気持ちはわかりますが、万が一の時、苦しむあなたを1秒でも早く発見してもらうために必ず書いて提出しましょう。

登山届についてはこちら

遭難を事前に予防!登山計画書の書き方とは
自由という名の登山計画書の書き方

テント設営は決められた場所で!!

あまり知られていませんが、実は山では、基本的にテントを設営できる場所は決められています。「テン場」という言い方をします。

それ以外の場所でのテント設営は原則禁止です。が、そこはやはり山。登山では何が起こるかわかりません。

やむを得ない事情で、テント設営場所までたどり着けない場合などは、テン場以外で設営しなくてはならないでしょう。

ただし、山でのその他のルールは厳守しましょう。

すれ違い時は登りが優先!!

暗黙の了解的ではありますが、基本的に登山中の人と下山中の人がすれ違う場合は登山中の人を優先としましょう。

ただし、登山中はいろんな状況が考えられますので、その時その時で最も適切と思われる対応をしましょう。

山小屋でのルールも厳守する!!

登山客が多く、標高の高い山では、山小屋が設置されている場合があります。休憩ができたり、宿泊ができたり、また食事を出してくれるような山小屋もあります。

もちろんお金を支払ってサービスを受けるのですが、山小屋それぞれにルールが設けられています。

中には他のホテルではあり得ない山小屋ならではのルールもあり、戸惑うこともあるかもしれませんが、厳守しましょう!

あなたの美しいマナーに感謝!

以上、ここで紹介したルールは、山での一般常識的なものに過ぎません。

しかし、地域によっては条例が定められていることもあり、残念なことに、損害賠償命令や罰則が課せられた例もあるのです。

しかし、先ほども言いましたが、現在多くの山が美しく綺麗に保たれているのは、登山を愛する多くの人が山でのルールを守り山を守っているからに他なりません。

これを読んでいるあなたも是非、そんな登山を愛する仲間になっていただけたらと心から思うのです!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

私のブログ収入獲得ストーリー!

登山ブログで月30万円の安定収入を得る私が参加した超おすすめプログラムとは?
登山ブログで証明!私のネットビジネス成功の法則とは?

大人気記事!!

  1. 初心者向け日帰り登山スポット 近畿圏
  2. 登山初心者向け日帰りスポット 関東編その1
  3. 登山用ヘルメット装着をおすすめ
  4. 歩くだけで30歳若返り!三浦雄一郎式トレーニングとは?
  5. 登山初心者の迷い・戸惑いを完全解決!
  6. 登山初心者を魅了!富士山登山の4ルート
  7. 登山のトレーニングについて 自転車編
  8. ウルトラライト登山で道具を知り尽くす
  9. ウルトラライト登山で道具を自由に自作
  10. ウルトラライト登山をあなたに指南
  11. 山のリアルをすべて表現!「岳」

クライミング・ボルダリングの記事

  1. 私のクライミングデビュー体験記 その1
  2. 私のクライミングデビュー体験記 その2
  3. クライミングシューズの選び方!共に岩壁を登る相棒はこう選べ!
  4. ボルダリングの重要アイテム!初心者におすすめの炭酸マグネシウムチョークとは?
  5. ユニクロで揃う完璧なボルダリングの服装

カメラの記事

  1. 登山風景のカメラ撮影は至高の娯楽 
  2. 登山風景のカメラ撮影 至高のテクニック 第一巻
  3. 登山風景のカメラ撮影 至高のテクニック 第二巻
  4. 登山風景のカメラ撮影 至高のテクニック 第三巻
  5. 登山風景のカメラ撮影 至高のテクニック 第四巻
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です